レンタルオフィスの様々な利点|不動産を見極める


不動産との契約よりも利点の多いレンタルオフィスについて

昔と違い簡単に起業できる時代ですが現在、新しく会社を興したばかりの人が、オフィスを間借りするやり方として、不動産業者に自分で足を運んでテナント契約を結ぶよりも、賃料のコスト削減が大きく見込めるレンタルオフィスの利用が沢山選ばれています。不動産業者で契約する際と明らかに違うのは、先ず、レンタルオフィスには、仕事に必要なOA機器や会議室などスペースが予め設置されていることで、入居者が膨大な資金を使い、一から機材や空間を配置する必要が無いという点です。

不動産業者を介してオフィスを借りる時は、入居段階に掛かる費用が段違いになり、保証料として数か月分と、月々の賃料を纏めて支払う必要があり、その額が100万円程度にも上るため、起業して間もない人にとっては、すごく痛手になりやすいのです。

それが、レンタルオフィスなら、入居時に掛かる費用は、賃料1か月分、又はタダである可能性もあるので、多大なメリットがあります。おまけに従業員が使用する机や椅子の費用も、大幅に浮かす事が可能なので、この時点でも10万円程度の節約となります。

一方、不動産業者でオフィスを借りる時は、室内に一から手間をかけて内装しなければならず、肝心の新規事業を軌道に乗せるのに、膨大な時間を労してしまいがちです。更に、不動産契約ですと、電気や水道などの光熱費も毎月請求書が送られてくるので、支払い手続きに仕事の足を引っ張られますが、レンタルオフィスなら、賃料の中に予め光熱費も盛り込まれている事が多いため、月末の支出管理も楽になります。

最近は、レンタルオフィスでも、不動産業者にて紹介を受けるような、駅近で繁華街の一等地に立地されている優秀な物件も多く、自己資金にゆとりを持った金額設定で借りることも可能です。ただ、レンタルオフィスを展開している会社の中には、最も稼げる事業として、中小規模で営業を始めたばかりの所も少なくないので、安定して長期間利用できる仕事場を求めている時は、出来るだけ賃貸実績が多い大手の業者から、物件を仲介してもらった方が安心です。