遺影選びのポイント

遺影選びは終活の一環

 

最近は終活を行うかたも増えています。
終活とは、自分が亡くなるときのことを考えてあらかじめ準備をしておくことをさします。
終活の内容は人によってさまざまですが、相続のこと、葬儀のこと、遺影のこと、連絡して欲しい人の住所録などを準備しておくことが多いようです。

特に、遺影は葬儀のときもその後も、故人を偲んでくれる人たちが見てくれる写真になりますので、できるだけ自分らしい、良い写真にしたいものです。急に亡くなった場合、遺影が必要になるまで大体1日しか猶予がありません。
葬儀の準備はやることがたくさんあるため、遺影はおろそかになりがちです。元気なうちに素敵な写真を用意しておくことで、遺されたかたの負担も減るのではないでしょうか。

 

昔の遺影は、男性も女性もフォーマルな装いをしているものが一般的で、無表情で写っていました。
しかし最近は遺影もカジュアルダウンしており、例えば旅先でのスナップ写真などが使われることもあります。自分らしさが表れた写真を使用することでは人柄が周囲に伝わりやすいためおすすめです。

 

選んだ写真は、遺族にわかりやすいように保管しておくようにしましょう。最近は写真館で撮影したものをデータに落としてくれるので、クラウドサービスを利用することもおすすめです。クラウドで保存すれば、世界中どこにいてもその写真を引き出すことができるため、葬儀を行う遺族が遠方に住んでいる場合などにも助けになります。
また、遺影写真の保管を専門に扱っているクラウドサービスもありますので、検討してみるのもよいでしょう。

 

遺族が故人の遺影を選ぶことも、遺された人が現実を受け入れる助けになるための必要なステップかもしれません。しかし、これから訪れる死について考えた時、自分で自分の遺影を選ぶことも、自分の死を受け入れるための大切なことではないでしょうか。